アサイーのすばらしい栄養成分とは?

アサイーという果物の存在を知って、この栄養成分に驚かされました。
紫色の果物、例えばブドウ、ブルーベリーに多く含まれるポリフェノールはアントシアニンが含まれています。
アサイーのアントシアニンはブルーベリーの18倍と言われ、美白効果、老化防止、視力向上などに注目されています。
アントシアニンは抗酸化作用があり、老化の原因である活性酸素を抑制します。
活性酸素は例えるならば、切ったリンゴが時間がたてば変色してしまうように体を錆びつかせてしまうのです。
紫外線・たばこのけむり・電磁波・様々なストレスにより活性酸素は増えます。
増えた活性酸素は体の細胞を傷つけ老化を早めてしまうのです。
アサイーにふくまれるアントシアニンを取る事は若返りにもつながり、数年後の自分への投資にもなるのです。
アサイーは今人気のグリーンスムージーにも利用されていますね。
粉末グリーンスムージー「ベストランキング!」ダイエット完全ガイド
「若くありたい」「きれいになりたい」と思うのであれば、このアサイーはそんな願いをかなえてくれる救世主となるでしょう。
特に紫外線は私たちが生活する上で避けては通れません。
どんなに日焼け止めを塗っても、日傘に入ってもどこからか肌を痛めています。
紫外線は肌のバリアを破壊し、シワやたるみを引き起こします。
近年、若い人でも白内障になってしまう人が多いのはこの紫外線を浴びているからです。
紫外線が年々強くなり、PM2.5などの有害物質も空気中にあふれています。

自分の体のためにも、アントシアニンを摂取する事はとても重要だという事が良くわかることでしょう。

アサイー利用者Mさんの声

「私がアサイーを知ったのは、コストコで試食をしていて、試しに飲んでみたのがきっかけです。
そこでは牛乳と混ざっていて、見た目がブルーベリーのような感じでした。
ニオイが生臭かったので、一緒にいた子供は拒絶してしまって飲まなかったのですが、
私が飲んでみると、味はそう悪くはありませんでした。
でも、ブルーベリーのような清涼感はどうしてもありません。
アサイー自体に慣れていないので、慣れれば大丈夫かなと思いました。
店員さんの説明では、ポリフェノールが高く、ココアやブルーベリーよりも高いようで、優秀です。
鉄分はレバーの3倍で、貧血気味な自分にはピッタリですし、育ち盛りの子供達にも必要な栄養分です。
また、食物繊維やカルシウムが入っているので、これからの酷暑にむけて、食欲減退のときに、
気軽に飲めると思いました。
自宅にジューサーがありますので、牛乳では失敗なのは知っていますから、バナナと氷と牛乳とアサイーで作って見ました。
あまりたくさんのアサイーを入れてしまうとわかってしまうので、慣らすために3粒入れてみました。
子供達には、ブルーベリーを入れたよと言ってあります。
少ない量なので、そのときはばれませんでした。
徐々に味になれさせることが大事なので、すぐには良を増やしません。
暑いと、のどが渇いているからか、ぐっと飲んでくれます。

氷を入れると、味がスッキリするので、飲みやすいです。
女性は特に貧血気味になりやすいので、これからもずっと飲み続けたいです。」

 

グリーンスムージー比較表

グリーンスムージー徹底比較 [置き換えダイエットに最適なのは?]

更新履歴